兼子ただしのストレッチとは?

兼子ただしの経歴とプロフィール


日本では非常に珍しいスポーツストレッチ専門のトレーナとして活動し、(株)SSSグループジャパン代表取締役として、日本初のストレッチ専門店「スリーエス」を池袋本店・新宿店・渋谷店・札幌大通り店・北見店・高崎店・長野店・大阪店の8店舗展開している事業家でもある。実業家として活動する一方、23歳の時に趣味で始めたキックボクシングでプロライセンスを取得し、新日本キックボクシングフェザー級2位の現役のキックボクサーとしても活動する事業家キックボクサーとしても有名。

すると、キックボクサーとしての自身のコンディション作りをきっかけに、独自で学んだスポーツストレッチをベースにして、解剖学、運動生理学、キックボクサーでの経験、日本古来の武道の教えなどを取り入れ、大学と共同研究をすることで、独自のスポーツストレッチ「S-レッチング」を開発する。別名・“ドSストレッチ”とも呼ばれるこの「S-レッチング」の噂が徐々に広まり、数多くの人気テレビ番組に出演しブレイクする。

中でも、ブレイクのきっかけとなった日本テレビ「スター★ドラフト会議」では、いとうあさこさんをわずか5秒で10センチもくびれさせたことで世間を驚かせたのは記憶に新しいところ。現在は、ストレッチ専門店「スリーエス」において、プロスポーツ選手をはじめ、ダンサー、格闘家、芸能人、モデル、一般の方など、あらゆるタイプのクライアントに指導する以外に、脚が細くなって楽に走れる「伸びランニング」のセミナー、小学校での姿勢教育、国士舘大学大学院との共同研究、テレビ出演・雑誌取材、著書の執筆なども幅広い活動を行っている。

主な経歴

兼子ただしの主な経歴・著作物を紹介します。

◆1971年 10月22日に茨城県水戸市で生まれ中学で不良の道に走ると高校では暴走族に入る。
◆1989年 18歳の時に少年院に入り、4ヶ月間の生活の中で更生する。
◆1990年 19歳で上京すると、自分で店を開くために、昼は料理学校通い、
     夜はバーで働きながら、趣味でキックボクシングを始める。
◆1994年 23歳の時にキックボクシングのプロライセンスを取得する。
◆1998年 新日本キックボクシング協会でプロデビューを果たす。(現在フェザー級2位)
     その後、キックボクシングのコンディション作りをする中で気付いた、ストレッチ
     の可能性に着目して研究を重ね、独自のスポーツストレッチ「S-レッチング」を開発する。
◆2000年 日本初のストレッチ専門店「スリーエス」を開業。
    (株)SSSグループジャパン代表取締役に就任しトレーナーとしても活動する。

主な実績

現在、日本初のストレッチ専門店「スリーエス」を池袋本店・新宿店・渋谷店・札幌大通り店・北見店・高崎店・長野店・大阪店の8店舗を展開し、養成したトレーナーの人数も450人を超えるまでに。スポーツ界や芸能界をはじめ、一般のOLさんや主婦の方まで、様々なクライアントに指導していて、今では、年間来店者数が5万人を突破し、2000年の開業以来、これまでの累計来店者数は36万人にもなる。

2011年7月11日には、発売2ヶ月で20万部を売り上げた「5秒で細くなるくひれッチ」が、アマゾンランキング総合第1位に輝き、累計部数は70万部を突破している以外に、「やわらかBody=メリハリBody」、「みるみる脚から美しくやせる走り方」などの著書もたくさん出版している。

また、同じ7月には、ストレッチDVDの売り上げが、楽天ランキングにおいて第1位と第2位を独占する。同年8月12日には、ショップチャンネルにおいてプレゼンをして際には、出演時間120時間で累計31億円を売り上げて、総合売り上げランキング第1位を達成。出演したテレビ番組も、日本テレビ「スター★ドラフト会議」、TBS「金スマ」など数知れず。

他にも、5秒で体を柔らかくするストレッチ、5秒でくびれをつくり美姿勢にするストレッチ、メリハリにある体を作るハイヒールの歩き方、脚を細くして楽に走れる「伸びランニング」などを指導するセミナーを開催したり、小学校を訪れて立ち方や座り方などの姿勢教育、国学院大学と共同研究なども行っている。