ウソみたいにストレッチで血圧が下がりました。高血圧治療薬を飲み続けて6年になりますが、薬の副作用が怖くて降圧剤を辞めるために、高血圧改善の食事療法を続けています。大学病院の高血圧専門の管理栄養士に指導された食事メニューを1年間も続けていたのに、薬を辞められるほどの効果はありません。

管理栄養士が言うには、体に悪い生活習慣を相当の時間をかけて血圧が高くなるような体質になっているので、薬を飲まなくても良いようになるには、同じような時間をかけて体質改善をする必要があると説明します。テレビで紹介されていた福辻鋭記先生の血圧を下げるストレッチを知り早速試してみるとたった5分のストレッチをやっただけなのに、一瞬で20mmhgも血圧が下がったのです。

高血圧ストレッチとは?

高血圧下げる福辻式DVDとは、日本の名医50名に選ばれたアスカ鍼灸治療院の福辻鋭記院長が開発した血圧を下げる方法です。やり方は超簡単、一日5分のストレッチをするだけです。たった、これだけで血圧が下がるから驚きです。

運動や食事制限で高血圧を下げようとして改善できない方から、血圧をあげてしまう原因を作る生活習慣を改善しても血圧が下がらなかった方、さらには降圧剤を飲み続けることに不安を感じ早く血圧を正常値に戻し降圧剤をやめたい方に、ぜひ、試してみて欲しいストレッチです。

一般的に本態性高血圧は、いくつかの原因が重なってなると言われています。そこで、通常は、食生活を見直し、適正体重に減量しながら、塩分の取り過ぎや喫煙や飲酒を控えながら、運動不足を解消しながらストレスの無い生活をおくることが鉄則とされていました。

ところが、福辻先生を訪れる高血圧患者のほとんどが、関節や筋肉が硬くなることで血流が悪化するために、高血圧なっているというケースが多いことが解ったそうです。つまり高血圧になる原因は、以下の5つが考えられるという話です。

【1位】筋肉の硬さ(血管が硬い筋肉で圧迫され血行が悪くなり血圧が上がる)
【2位】太りすぎ(高カロリーオーバーで偏った食事)
【3位】運動不足(筋力低下、代謝低下、心肺機能低下など)
【4位】生活習慣(タバコ、飲酒、寝不足、ストレスなど)
【5位】塩分の摂りすぎ

もし同じように、あなたの高血圧の原因が、筋肉や関節の硬さが原因だったら・・・・

いくら食生活を変えても・・・

いくら塩分を控えても・・・

高血圧治療薬を辞められるほど、血圧を正常値に戻すのは難しい筈です。逆に言えば、今まで食事療法で血圧が下がらなかった人こそ、この高血圧ストレッチで一瞬にして血流を改善できる可能性があるので、驚くほど効果を実感できるというわけです。

このように最近では血圧が上がってしまう原因が筋肉の硬さが血管を圧迫し血流が悪くなり血圧が高くなるとと言われています。もし、あなたの高血圧が筋肉の硬さだった場合には、食事制限や生活習慣の改善、運動や原料をしても血圧は下がらないはずです。

つまり現状では降圧剤で血圧を下げているだけで治療にはなっていません。このような場合には福辻式ストレッチにより筋肉を柔らかくして血流をよくすることで血圧が簡単に下がるケースもあります。興味のある方は、ぜひ試してみてくださいね。

高血圧ストレッチのやり方

理論編の映像で理解する

塩分を控えり食事を改善しても血圧は下がらない!ところが体を柔らかくすると「たった1回のストレッチ」でも血圧は下がってしまう。ほとんどの方にこの方程式が当てはまるそうです。その驚きの理論をご覧ください。

実践編でやり方を学ぶ

血圧を下げるストレッチで筋肉を柔らかくすると毛細血管に血液が流れて血が通い始めます。血圧を下げるストレッチを次々と紹介するのが実践編DVDです。その驚きの威力の一部をご覧ください。

高血圧ストレッチ一回で効果が出た40代の男性

朝一番の測定値が高いタイミングでストレッチを行った結果、上が143mmhgから115mmhgに、下が95mmhgから86mmhgに下がった男性の例です。このように一回ストレッチで下がるケースも珍しくありません。この男性も降圧剤を服用しなが生活習慣の改善や食事・運動を心がけていたそうです。それでも140mmhg前後の血圧値に抑えるだけで、この状況が長く続いていたそうです。福辻先生のDVDを見てストレッチで体を柔らかくすることが血圧を下げるという理論と事例に納得して挑戦した結果だそうです。このストレッチを続けることで、もっと体を柔軟にすれば血圧も上がりにくく疲労もたまりにくくななります。