糖尿病はインスリンの分泌を増やすストレッチ体操で改善できるのをご存知ですか?

糖尿病は、インスリンの分泌量が減少することで血液中のブドウ糖を吸収できなくなり血糖値が他界状態が続くことが原因で発症します。インスリンを分泌しているのは『膵臓』ですから、膵臓が元気であれば糖尿病になることはありません。

適切な糖質(炭水化物)の摂取量を守っていれば、膵臓にかかる負担も少ないのですが、食べ過ぎやカロリーオーバーの食事をすると血液中のブドウ糖が一気に増えます。それを吸収するために膵臓は大量のインスリンを分泌して血糖値を下げています。

ところが膵臓には大きな負荷がかかるため、長い間このような食事を続けていると膵臓が疲弊してインスリンの分泌量が減ってしまうのです。ですから日頃から膵臓に負担を掛けない気遣いが必要なのですが、糖尿病と診断される頃には、膵臓はボロボロになっています。

膵臓を元気にすれば糖尿病は自然と治るものですが、病院でも膵臓を活性化させる方法を指導するところはほとんどありません。食事療法や運動療法を中心に生活習慣の改善が求められています。ところが膵臓が疲弊した状態で食事療法や運動療法を行っても効果は期待できないというのが東洋医学の考え方です。

近年は糖尿病や高血圧の治療に東洋医学が注目されてきました。

外科的措置や薬物治療が中心の現代医療に比べて、東洋医学は病気にならない体質改善という考え方だからです。まさに糖尿病は、現代医療でも治せない病気なので糖尿病こそ東洋医学のノウハウが適しているので治療に取り入れられるようになったのです。

では東洋医学では、どのようにして糖尿病を治療するのでしょうか?

東洋医学では、膵臓を活性化させインスリンの分泌量を増やすことで糖尿病を治療します。長年の研究により膵臓を刺激したり、膵臓と連動する部分を刺激することで膵臓が回復することが分かっています。このようなツボを刺激を継続して行うことで膵臓の機能が回復して自然と糖尿病を治すのです。興味がある方は東洋医学の第一人者である福辻鋭記さんの施術を参考にしてください。