なぜ視力は低下するのか?

視力低下、疲れ目、眼精疲労、目のかすみ、視界がぼける!など目の悩みを抱える人が急増しています。テレビの見過ぎに加えてパソコンやゲームなど長時間一点を見つめることが目を疲れさせ様々な症状を起こすキッカケとなっています。ところで視力が低下する原因とは何でしょうか?

眼球には水晶体というレンズがあり、レンズの厚みを調整してピントをあわせているのですが、このピント調整が上手く出来ないと目がかすんだり、視界がぼけてスッキリ見えなくなったり、視力が極端に低下するという症状が出てきます。

つまり視力低下の原因は水晶体の厚みを調整する毛様体筋にあります。

視力回復に必要な要素

視力回復に必要な要素とは、毛様体筋を正常な状態へ戻すことです。

毛様体筋が正常に活動するように戻してあげれば、視力回復はもちろん、目のかすみや視界のボケも治ります。しかし毛様体筋は複数の筋肉と繋がっており、すべての要素を改善しなければなりません。では視力回復に必要な要素とは何でしょうか?視力回復に必要な5つの要素を紹介します。

毛様体筋と周辺筋肉

水晶体と連動している毛様体筋は目の周辺筋肉をはじめ首から肩の筋肉と繋がっています。肩が凝ったり首の調子が悪いと目が疲れやすすくなったり視力が落ちたりします。

眼球の柔軟性を高める

眼球の柔軟性を高めると毛様体筋が動きやすくなりピントが合いやすくなります。眼球は「角膜」「網膜」「視神経」など様々な組織で構成されていますが東洋医学の方法で柔軟性を高める必要があります。

頭蓋骨をゆるめることで視力が回復する

眼球は頭蓋骨に覆われているので眼球を支えている「頭蓋骨」も視力と密接な関係があります。頭蓋骨を緩めると毛様体筋や他の筋肉の働きがスムーズになり視力回復に役立ちます。

第一頸椎をゆるめる

東洋医学のでは首にある頸椎という7つの骨の中で一番上の「第一頸椎」が目に最も関係している骨と言われており、これを緩めることで視力回復に良い影響を与えます。

肝臓と腎臓のツボを刺激する

肝臓や腎臓と目は深く関係していると言われるように、肝臓と腎臓の機能が落ちると、視力が低下します。肝機能や腎機能を高めることで視力回復や視界をスッキリさせることが出来ます。

今までのあった視力回復の眼球運動やトレーニング法では、視力回復に必要な5つの要素を満たすものがありませんでした。残念ながら、どの方法も即効性が無いため、毎日続けているにもかかわらず効果を実感できませんでした。効果を実感できなければ継続することは難しいことです。そんな欠点を克服するために福辻鋭記先生が考案したのが視力回復に必要な要素をすべてクリアできる視力回復ストレッチです。

視力低下の原因をストレッチで改善する方法

視力低下の原因をストレッチにより同時に解決できるように作られたのが視力回復ストレッチです。1日5分ほどのストレッチですべての要素に働きかけるような効果が期待できるようにプログラムされています。

視力回復ストレッチの効果

特徴は即効性の効果です。疲れ目や目のかすみなどはストレッチ終了後にスッキリと見えるようになります。もちろん視力も回復します。さらに毎日ストレッチを続けると視力低下の原因が根本的に改善されるようになり驚くほど視力も回復してきます。

安心の保証

この視力回復ストレッチは、視力回復「福辻式」DVDに収録されています。効果には個人差もあるので人それぞれ違いますが、今なら効果がなかった場合に1年間の全額返金保証が適用されますので安心して実践することが出来ます。