アディポネクチンが糖尿病の改善や予防に効果があると注目を集めていますが、なぜ糖尿病に効果を発揮するのでしょうか?ここでは、アディポネクチンが糖尿病を改善するメカニズムについてまとめました。血糖値の高い人はアディポネクチンを増やせば糖尿病を予防できると言われています。

そもそも糖尿病とは、どんな病気なのか?

糖尿病には、1型糖尿病と2型糖尿病の2種類あります。

1型糖尿病は、すい臓がインスリンを作ることができないために発症する糖尿病です。

主にウィルス感染が原因で膵臓がインスリンを分泌できなくなります。

糖尿病患者の10人に1人の割合と言われています。自分で血糖値を下げられないため

1型糖尿病は、インスリンを注射で血糖値のコントロールが必要となります。。

2型糖尿病は、インスリン分泌不全とインスリン抵抗性による糖尿病です。

インスリンの分泌量が十分じゃないために作用しないか、インスリンの分泌量は足りているのに

抵抗性(働き)が低く作用しない状態の糖尿病です。

アディポネクチンは、2型糖尿病の治療や予防に効果が期待されています。

その理由は、アディポネクチンがインスリン抵抗性を高める作用が認められているからです。

インスリンの働きが悪いと糖尿病になる!

インスリンがうまく働らかないと血液中の血糖値を下げることができずに、高血糖状態が続きます。

急激に血糖値が上昇すると高血糖状態が続き様々な血管障害を引き起こします。

これが糖尿病の怖さなのですが、初期状態では自覚症状がほとんど無いため

定期的に血液検査を行い血糖値を測定しないと発見が遅れてしまいます。

このようにインスリンの作用不足で起こるのが2型糖尿病の特徴ですが、

インスリンの作用不足が起きる原因はハッキリと分かっていません。

一般的に食べ過ぎによる肥満や運動不足によりインスリンを分泌している

膵臓(すい臓)が弱くなっているのが原因とされています。

アディポネクチンがインスリンの働きを良くする

インスリンの作用不足になると高血糖状態が続きますが、

現時点ではインスリンの分泌を増やしたり、作用を高める特効薬はありません。

ですから糖尿病と診断されるとインスリン注射で血糖値をコントロールする薬物治療が行われます。

しかし、糖尿病を根本的に治療できるものではありません。

インスリンを補って血糖値を下げているだけなので、

インスリン抵抗性が改善されるワケじゃないのです。

しかし、私達人間には、インスリンの作用を高めるホルモンが備わっています。

それがアディポネクチンです。

アディポネクチンの分泌量は人それぞれ違いますが、分泌量が多い人は

糖尿病になりにくいと言われています。

またアディポネクチンの分泌量を増やせば、インスリン抵抗性を改善し、

インスリンの働きを良くすることができることも分かっています。

糖尿病治療の救世主になると世界中でアディポネクチンの研究が進められています。

アディポネクチンの分泌を促進するサプリ
血糖値は炭水化物(糖質)摂取すると血液中にブドウ糖が増えるために上昇します。

するとインスリンが分泌され、血液中の糖を体内に吸収して血糖値を下げています。

食事後は、一時的に血糖値が上昇します。 通常は、食後2時間 もすれば、

血糖値は140未満に低下しますが、血糖値が低下せず高い値が続くと糖尿病を疑います。

血液検査では、空腹時の血糖値を測定しますが、正常値は110以下とされています。

糖尿病と診断されなくても、血糖値が高目と診断された方は、生活習慣の改善指導が行われますが、

この状態で有効なのが、血糖値の上昇を緩やかにするサプリメントです。

これまでは、特定保健用食品に使われている、水溶性食物繊維の難消化性デキストリンや

菊芋に多く含まれ天然のインスリンと言われるイヌリンが人気のサプリメントでした。

これらの成分は、糖の吸収を緩やかにすることで、血糖値の上昇を抑えるタイプのサプリです。

しかし、インスリンの分泌を良くしたり、インスリンの働きを良くする作用はありません。

確かに血糖値を下げることができるかもしれませんが、もし血糖値が高くなる原因が

インスリン抵抗性が原因だった場合は、根本的な解決にならないという弱点がありました。

血糖値が高い人は、食生活の改善や運動不足の解消が大前提となりますが、

本来持っている自己治癒力を高めることが、糖尿病予防の優先事項と言われています。

現段階では、インスリンの働きを良くするのは、アディポネクチンの分泌を増やす以外にありません。

そこで登場したのが、アディポネクチンの分泌促進サプリです。

関連情報 : 糖尿病の食事【宅配弁当】おすすめサービスはコレ!